U-23サウジアラビア戦、守備陣は軒並み低評価。一方で最高評価は? 軽率なミスで敗戦【U-23日本代表どこよりも早い採点/AFC U-23選手権】

サッカーU-23日本代表は9日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第1節でU-23サウジアラビア代表と対戦して1-2で敗戦。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2020年01月10日(Fri)0時10分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

不用意なミスで初戦黒星

U23日本代表
日本代表のパフォーマンスはどうだったのか【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【U-23日本代表 1-2 U-23サウジアラビア代表 U-23アジア選手権B組第1節】

大迫敬介 6 2失点はいずれも仕方なし。ビッグセーブも飛び出ていただけに、悔やまれる結果に
渡辺剛 5.5 主将として最終ラインを支えるも2失点。耐えきれなかった
岡崎慎 5.5 後半ATにPK献上で失点を招く。守備ではまずまずの対応であっただけに、2失点はもったいない
古賀太陽 5 後半はとくに安定感ある守備があっただけに、不用意なバックパスは痛すぎた
橋岡大樹 6 タイミングよく前線に飛び出してチャンスに絡んだ。守備への切り替えも早かった
杉岡大暉 6 積極的な仕掛けから、持ち味である鋭いクロスで攻撃に厚みをもたらした
田中駿汰 6 味方の動き出しを見逃さず、相手の裏へ効果的なパスを送る。サポートも早かった
田中碧 6 危険なエリアに鋭い縦パスを入れるなど特徴を発揮。守備では相手の攻撃の芽を摘んだ
食野亮太郎 6.5 切れ味鋭いドリブルで相手DFを剥がすなど躍動。ゴールもマークするなど、役目を果たした
旗手怜央 6 ポジショニングの良さが光り、良い形で縦パスを引き出せていた。あとはシュート精度
小川航基 5.5 ボールに触れる機会は限られ、仕事が果たせず。周りとの呼吸がなかなか合わなかった

上田綺世 5.5 出場時間の問題もあるが、なかなかボールには触れなかった
相馬勇紀 - 出場時間短く採点不可
田川亨介 - 出場時間短く採点不可

森保一 5 80分までに選手交代一人は少ない。流れを変えるならば早い時間に新たな選手を入れるべきであった

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top