ヤニック・フェレイラ・カラスコ
【写真:Getty Images】

 中国・スーパーリーグの大連一方に所属するベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコがアトレティコ・マドリー復帰に近づいているようだ。スペイン『アス』が現地時間30日に報じた。

 2018年2月にアトレティコから中国の大連一方に移籍したカラスコ。古巣アトレティコに1年で復帰となりそうだ。同メディアによると、アトレティコは期限付き移籍でカラスコを獲得しようとしているとのこと。さらに、カラスコはすでにマドリード入りしているという。

 同メディアはエディンソン・カバーニの獲得に失敗したことにより、カラスコにシフトしたと報道。アトレティコはセンターフォワードではなく、サイドやウィングでプレーするカラスコの獲得で今冬の補強を終えることになりそうだ。

 カラスコはモナコの下部組織から2012年にトップチームに昇格。2015年にアトレティコに移籍し、2018年2月から大連一方でプレーしている。

【了】

新着記事

↑top