乾貴士、決定機逸も…積極守備からPK奪取!エイバルはベティスに1-1ドロー

2020年02月02日(Sun)23時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

乾貴士
【写真:Getty Images】

【エイバル 1-1 ベティス リーガ・エスパニョーラ第22節】

 リーガ・エスパニョーラ第22節、エイバル対ベティスが現地時間2日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

 エイバルに所属するMF乾貴士は左サイドで先発。6試合連続の先発出場となった。乾は積極的な守備から同点ゴールとなるPKを獲得した。

 先制したのはベティスだった。7分、カナレスは左CKでペナルティエリア外に送る。ペナルティアークからフェキルがダイレクトでシュート。これがゴールに突き刺さり、ベティスが意表をつくプレーで先制に成功した。

 先制されたエイバルだったが、乾が守備で見せる。14分、相手ゴールキックからのビルドアップに対してエイバルが前からプレスをかける。ゴンサレスに対してプレスをかけた乾はボールを奪うと、そのゴンサレスにペナルティエリア内で倒され、エイバルがPKを獲得。これをオレジャーナが決め、エイバルが同点に追いついた。

 その後もチャンスを作るエイバルだが、中々追加点を奪うことができない。すると62分、左サイドでボールを受けたフェキルがペナルティエリア外で左足のシュート。これはドミトロヴィッチが防ぐも、イグレシアスが押し込んだ。だがVARにより、イグレシアスのオフサイドの判定が下されノーゴールとなった。

 ピンチの直後にエイバルがチャンスを作る。64分、カウンターから右サイドを抜け出したオレジャーナが深い位置から中央に速いクロスを供給。これを走り込んできた乾が合わせるが、ゴール右に外れた。

 その後、乾は右からのクロスに中央で合わせ、決定的なチャンスを迎えるも活かせず。試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。エイバルは2試合連続のドローで3試合負けなしとなっている。

【得点者】
7分 0-1 フェキル(ベティス)
15分 1-1 オレジャーナ(エイバル)

【了】

新着記事

↑top