リバプール若手FW、武者修業先でレフェリーに警告提示! 主審は苦笑い

2020年02月03日(Mon)21時15分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

リアン・ブリュースター
【写真:Getty Images】

 リバプールからスウォンジー・シティにレンタル移籍中のFWリアン・ブリュースターのユーモアが話題になっている。英複数メディアが取り上げている。

 スウォンジーは現地時間1日にプレストンと対戦し、1-1で引き分けた。先発でピッチに立ったブリュースターは1点ビハインドで迎えた33分に同点弾を挙げている。

 19歳のブリュースターが注目されているのは、後半途中の行動だ。ピッチ上にイエローカードが落ちていることを発見したブリュースターは、これを拾って主審のもとへ。すると、おどけた様子でジェフ・エルトリンガム主審にこのカードを提示した。同主審はこれに苦笑いでこたえ、スタジアムをほっこりさせている。

 しかし、それと同時に一つの議論も生まれているところだ。

 1995年、当時レンジャーズに所属していた元イングランド代表のポール・ガスコインが同じような行動をした。ガスコインも冗談で主審にカードを提示したが、主審は全く笑顔を浮かべず、ガスコインに対してイエローカードを提示。審判への敬意を欠く行為として処分されており、ブリュースターに警告が出てもおかしくなかったのではないかと指摘されている。

 ブリュースターは先月からスウォンジーにレンタルされている。プレストン戦を含めて4試合に出場し、すでに2ゴールを記録した。

【了】

新着記事

↑top