アーリング・ブラウト・ハーランド
【写真:Getty Images】

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ボルシア・ドルトムント対パリ・サンジェルマン(PSG)が現地時間18日に行われた。試合はホームのドルトムントが2-1で勝利した。

【今シーズンの欧州CLはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。2ヶ月無料お試し実施中】


 0-0で迎えた69分にFWアーリング・ブラウト・ハーランドのゴールで先制したドルトムントは75分にネイマールに同点ゴールを決められるも、77分に再びハーランドが強烈なシュートを決め先勝した。

 試合後、独メディア『シュポルトアインス』は「この瞬間のためにサッカーをしている。今日は試合をとても楽しめた」とゴールを決めた感想を問われたハーランドのコメントを掲載した。

 さらに同メディアでは「我々は攻撃でも守備でも素晴らしい仕事が出来た結果として試合に勝てた」と試合を振り返るルシアン・ファブレ監督のコメントも併せて掲載している。

 なお2ndレグは来月11日に行われる。ハーランドは「勝ち進むためにはもっとパフォーマンスを上げていく必要がある」と話し、MFエムレ・ジャンも「まだ前半が終わっただけ」と早くも視線は敵地でのPSG戦に向かっているようだ。

【了】

新着記事

↑top