岡崎慎司、引退前のJリーグ復帰に意欲。スペイン紙インタビューに語る

2020年03月12日(Thu)19時19分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

岡崎慎司
【写真:Getty Images】

 スペイン2部のウエスカに所属するFW岡崎慎司は、チームを来季リーガエスパニョーラ1部へ引き上げることを当面の目標としつつ、キャリアの最後にはJリーグに復帰したいという意欲も示した。スペイン紙『アス』が11日付でインタビューを伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 最近4試合で4ゴールを挙げるなど好調を維持し、ウエスカの1部昇格に向けた戦いに貢献している岡崎。今季の得点数はチーム単独最多の8点となったが、ゴールネットを揺らしながらもVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による判定で無効とされたゴールが計7点に上ることも注目されている。

「取り消されたゴールの中には納得できるものもありますが、10秒前や15秒前のプレーで判定されたものもあります。そういう判定を理解するのは難しいこともありますが、これから選手全員が慣れていくしかないですね」と岡崎はVAR判定についてコメントしている。

 ウエスカは現在昇格プレーオフ圏内の4位に位置している。「このチームで1部に上がりたい。そのために今季の残り期間でゴールをたくさん決めたい」と岡崎。ウエスカとの契約は今季の1年間に加えてもう1年がオプションとなっているが、来季も同クラブでプレーを続けたいと語っている。

 1部昇格を果たしたとすれば、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウや、バルセロナの本拠地カンプ・ノウなどでもプレーできるチャンスが生まれる。「日本のファンからそういうことも言われています。そうなれば素晴らしいですね」と岡崎は語る。

 すでに33歳のベテランだが、現役引退の見通しについては「考えていません。まだ数年サッカーができると思っています」とコメント。日本でキャリアを終えたいかどうかについては「そうしたいですね」と答え、日本代表への復帰にも「もちろん、僕の夢です」と意欲を見せている。

【了】

新着記事

↑top