マンC、グアルディオラ体制歴代フォーメーション。プレミア連覇の最強チームはどのように作られたのか

バルセロナとバイエルン・ミュンヘンで数々のタイトルを獲得したペップ・グアルディオラは、2016年夏にマンチェスター・シティの監督に就任した。豊富な資金力を武器に急成長を遂げるクラブで、グアルディオラは就任2年目からプレミアリーグ連覇を達成し、数々の記録を塗り替えた。今回フットボールチャンネルでは、グアルディオラの監督就任から現在までの主要メンバーや基本システムを、シーズンごとに紹介する。

2020年03月13日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ペップがマンチェスターに来るまで

0313Guardiola_getty
【写真:Getty Images】

 現役時代にバルセロナで一時代を築いたジョゼップ・グアルディオラは2007年夏、自身もプレーしたバルセロナBで指導者キャリアをスタートさせた。そして翌シーズンには、フランク・ライカールトの後任としてトップチームの監督に就任している。

【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ロナウジーニョが去ったバルセロナにはティエリ・アンリやサミュエル・エトーが在籍し、シャビ・エルナンデスやアンドレス・イニエスタが主力を務めていた。グアルディオラはセルヒオ・ブスケッツやジェラール・ピケといった実績の少なかったラ・マシア(育成組織の通称)出身の選手を抜擢した。

 初年度からリーガエスパニョーラとUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の3冠を達成。トップチームを指揮したことがない37歳の監督就任は当初こそ疑問視されたが、グアルディオラはその声を結果で跳ね除けた。

 バルセロナではリーガ3連覇、CL制覇2回を含む14個のタイトルを獲得。しかし、初めてリーグ優勝を逃した2011/12シーズンを以って、グアルディオラはバルセロナの監督を退任した。バルセロナでのペップ政権は4年間という短い期間で終わっている。

 1年間の休息を挟んで、グアルディオラが新たに選んだ仕事場は、バイエルン・ミュンヘンだった。ユップ・ハインケスの下でCL、ブンデスリーガ、DFBポカール(ドイツ杯)の3冠を達成したチームを引き継ぐと、3季連続でブンデスリーガを制し、クラブとしては4連覇を達成した。

 無類の強さを誇った国内とは対照的に、CLは3シーズンすべて準決勝で姿を消した。奇しくもその相手はいずれもスペイン勢で、14/15シーズンには古巣バルセロナに敗れた。当時の監督は、現役時代のチームメートでもあるルイス・エンリケだった。

 グアルディオラは15年12月、15/16シーズン限りでの監督退任を発表。翌年2月1日にマンチェスター・シティが、同年夏にグアルディオラが監督に就任することを発表した。移籍市場最終日の発表にSNSは大騒ぎとなり、シティの公式サイトはダウンした。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top