メッシ、バルセロナ選手の減給拒否を否定「合意が遅れたのはやり方を探していただけ」

2020年03月30日(Mon)22時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

リオネル・メッシ
【写真:Getty Images】

 バルセロナの選手たちはクラブの提示した一律70%の給与カットを拒否する姿勢を見せているとも報じられていたが、FWリオネル・メッシはこれが事実ではないと主張している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスによる長期間の活動中止により大幅な収益減少を強いられることになる各国クラブでは、選手給与の一時的な削減の可能性も議論されている。バルセロナに関しては、クラブ側が中断期間中の給与の70%削減を提示したが、選手側が難色を示し交渉が難航しているとも報じられていた。

 30日には、給与カットが合意に達したことがバルセロナから発表された。トップチームの選手たちは「70%以上」の給与カットに応じ、一般職員に対しては100%の給与支払いを保証するという。

 一方、クラブからの発表の直前にはメッシも自身のインスタグラムアカウントで声明を掲載。70%の給与削減合意をクラブに先立ち発表するとともに、選手側が合意を拒否していたというのは事実ではないと主張し、一部のクラブ関係者に対する不満も表した。

「クラブの中に、僕らの粗探しをして、僕らがいつも当然のようにやろうとしていたことをやるように重圧をかけようとしてくる人がいたことに驚きを禁じえない」とメッシはコメント。その上で、「合意が数日遅れたとすれば、単純にクラブと職員たちを助ける形を探していたからだ」と説明している。

「今まで僕らが何も言わなかったのは、クラブを助けるため、この状況で最も被害を受ける人たちを助けるために本当に正しいやり方を見つけることを優先していたからだ」とメッシは選手たちの考えを代弁している。

【了】

新着記事

↑top