ハメス・ロドリゲス
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスにエバートンが興味を示しているようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間1日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2014年からマドリーに在籍するハメス。2017年から2年間はバイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍した。マドリーに復帰後は怪我の影響もあり、リーグ戦は7試合の出場にとどまっている。そんなハメスにはかつてマドリーを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督がナポリで監督を務めていた頃に、ナポリが関心を示していると報じられていた。

 現在はエバートンを指揮しているアンチェロッティ監督。ハメスをマドリー移籍当初から主力としてプレーさせ、同選手はマドリー移籍初年度の2014/15シーズンは公式戦46試合に出場し、17得点18アシストの活躍を見せた。

 スペイン『マルカ』によると、アンチェロッティ監督はハメスの獲得を諦めておらず、同選手が今夏エバートンに移籍する可能性があるという。

 ウォルバー・ハンプトンもハメスの獲得に興味を示しているというが、果たしてハメスはプレミアリーグのクラブへ移籍することになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top