カルロ・アンチェロッティ

アンチェロッティ アルテタ

アーセナルは危険水域、エバートンは安泰。アルテタvsアンチェロッティで露呈した両者の力量差【分析コラム】

プレミアリーグ第14節が現地19日に行われ、アーセナルはエバートンに1-2で敗れた。前者はこれでリーグ戦8敗目、7戦連続勝利なしに。一方で後者は3連勝で暫定ながら2位に浮上した。お互いに就任からちょうど1年を迎える両クラブの監督の力量差が、そのまま結果に表れているようだ。(文:舩木渉)

1219WatanabeSusumu_mihara

エバートンの戦術は? 元ベガルタ仙台指揮官の目は…その「狙い」と「優先順位」を分析【渡邉晋戦略論・後編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、元ベガルタ仙台指揮官で『ポジショナルフットボール実践論』を上梓した渡邉晋氏によるエバートン戦略論を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:渡邉晋)

チェルシー

エバートンに負けた理由は? 好調チェルシーは鬼門攻略ならず。ジルー、ヴェルナー、ハフェルツ沈黙【分析コラム】

プレミアリーグ第12節、エバートン対チェルシーが現地時間12日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。チェルシーはこれで公式戦無敗記録が「14」でストップ。守備は安定していたが、攻撃陣は沈黙してしまった。では、不調だったエバートンにどのように敗れたのだろうか。(文:小澤祐作)

1129Ancelotti_getty

エバートンはチームの再構築を迫られる。直近5戦で1勝4敗、不調の原因を考えると…【分析コラム】

プレミアリーグ第10節、エバートン対リーズ・ユナイテッドが現地時間28日に行われ、0-1でリーズが勝利した。エバートンは前節で5試合ぶりとなる勝利を手にしたが、この日は鬼才マルセロ・ビエルサのチームから得点を奪えず。カルロ・アンチェロッティはチームの再構築する必要性に迫られている。(文:加藤健一)

1124Everton_getty

エバートンって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ハメス・ロドリゲスとエースの華麗なる活躍と脇を固めるバイプレーヤーたち

昨季は下位に沈む時期もあったが、今季は開幕4連勝で一時は首位に立ったエバートン。ハメス・ロドリゲスだけでなく、アラン、アブドゥライェ・ドゥクレといった実力者を迎え入れ、カルロ・アンチェロッティ監督は彼らを活かすスタイルを作り上げている。そこで今回は、エバートンの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月23日現在)。

1123Ancelotti_getty

エバートンは最高に面白い。美しすぎるハメス・ロドリゲスとアンチェロッティの頭脳を読む【分析コラム】

プレミアリーグ第9節フラム対エバートンの一戦は2-3でアウェイチームが勝利を収めた。シーズン序盤戦は首位に立っていたエバートンだが、直近は3連敗を喫するなど調子を崩し気味だったが、この日はなんとか勝ち点3を手にした。では一時期は首位にも立ったエバートンはなぜ勝ち星から見放されてきたのか。そしてフラムに対して久しぶりの勝利で何の収穫と課題があったのだろうか。(文・内藤秀明)

20201108_manu_getty

ブルーノ・フェルナンデスが恐怖に陥れた。マンUの完璧な勝利と立役者となった二人の戦士とは?

プレミアリーグ第8節、エバートン対マンチェスター・ユナイテッドが7日に行われ1-3でアウェイチームが勝利している。カルロ・アンチェロッティ監督は対ユナイテッド用の狙いをいくつか準備してきていたが、結果的には完敗を喫することに。一体なぜ。(文:小澤祐作)

1026Everton_getty

なぜ? エバートン完敗の理由は…。失われたハメス・ロドリゲスとキャルバート=ルーウィンの輝き

プレミアリーグ第6節、サウサンプトン対エバートンが現地時間25日に行われ、2-0でサウサンプトンが勝利した。ここまで4勝1分で首位に立つエバートンだったが、サウサンプトンも4戦無敗。好調なチーム同士の対戦となったが、サウサンプトンが終始試合を有利に進め、エバートンに反撃のチャンスを与えなかった。(文:加藤健一)

エバートン

エバートン、Aランク補強で大躍進。ハメス・ロドリゲス復活、FW陣も絶好調だが…【欧州主要クラブ補強診断(6)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のプレミアリーグを12位で終えたエバートンの補強動向を読み解く。

ハメス・ロドリゲス

いま、エバートンが最強。圧巻のハメス・ロドリゲスと驚異的勢いをけん引する若きエース

プレミアリーグ第4節が現地3日に行われ、エバートンはホームにブライトン&ホーブ・アルビオンを迎えて4-2の快勝を収めた。これで開幕からリーグ戦は無傷の4連勝となり、暫定ながら首位に浮上した。ハメス・ロドリゲスは変わらず圧倒的なパフォーマンスを披露し2得点1アシスト。さらに公式戦6戦9発と驚異のペースでゴールを量産する23歳の若きエースも、絶好調のチームを引っ張っている。(文:舩木渉)

エバートン

エバートン、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。新加入ハメスが低迷脱出の切り札に

昨季のエバートンは一度崩壊した。2年目を迎えたマルコ・シウバ体制で結果が出ず、一時は降格圏に沈むほど。年末に監督交代に踏み切り、後任のカルロ・アンチェロッティ監督のもとで再起を図った。すると後半戦はパフォーマンスが著しく向上したが、遅れを取り戻すには至らず12位に終わった。今季はハメス・ロドリゲスらをピンポイントで補強し、捲土重来を期す。そこで今回は、20/21シーズンのレギュラー定着が予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲスがすごい。ついに確保した居場所。今季のエバートンは見ておいて損はない

プレミアリーグ第1節、トッテナム対エバートンが現地時間13日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。カルロ・アンチェロッティ監督率いるチームは、新戦力が大活躍。その中でも今夏の目玉補強となったハメス・ロドリゲスのパフォーマンスは、目を見張るものがあった。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top