カルロ・アンチェロッティ

伝説のチーム

サッカー史上最高!伝説の5チーム。スーペルデポルに無敵のアーセナル…00年代前半を彩ったクラブ

サッカーの長い歴史の中で、後世に語り継ぐべきチームがある。その後の戦術に大きな影響を与えたクラブや、金字塔とも呼べる成績を収めたクラブ…。今回は2000年代前半を彩った5チームを紹介する。(2018年11月13日に掲載したものを再編集)

0205Milan_getty

ACミランの低迷はどのように始まったのか? 2人の頭脳の放出が転落のきっかけに【ACミランの黄金期(6)】

ACミランが今季は好調だ。120年以上の歴史を持ち、18度のセリエA優勝と7度の欧州制覇を誇るミランには、隆盛を極めた時代が何度もあった。ミランの黄金期を時代ごとに紹介する本連載の第6回は、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で最後にスクデットを獲得(セリエA優勝)し、長きに渡って低迷した2010年代を中心に描く。(文:西部謙司)

0129Ancelotti_pirlo_getty

ピルロのアンカー起用は発明ではなかった? アンチェロッティが持つ職人的な感覚【ACミランの黄金期(5)】

ACミランが今季は好調だ。120年以上の歴史を持ち、18度のセリエA優勝と7度の欧州制覇を誇るミランには、隆盛を極めた時代が何度もあった。ミランの黄金期を時代ごとに紹介する本連載の第5回は、カルロ・アンチェロッティ監督の下で2度の欧州制覇を成し遂げた2000年代を振り返る。(文:西部謙司)

アンチェロッティ アルテタ

アーセナルは危険水域、エバートンは安泰。アルテタvsアンチェロッティで露呈した両者の力量差【分析コラム】

プレミアリーグ第14節が現地19日に行われ、アーセナルはエバートンに1-2で敗れた。前者はこれでリーグ戦8敗目、7戦連続勝利なしに。一方で後者は3連勝で暫定ながら2位に浮上した。お互いに就任からちょうど1年を迎える両クラブの監督の力量差が、そのまま結果に表れているようだ。(文:舩木渉)

1219WatanabeSusumu_mihara

エバートンの戦術は? 元ベガルタ仙台指揮官の目は…その「狙い」と「優先順位」を分析【渡邉晋戦略論・後編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、元ベガルタ仙台指揮官で『ポジショナルフットボール実践論』を上梓した渡邉晋氏によるエバートン戦略論を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:渡邉晋)

チェルシー

エバートンに負けた理由は? 好調チェルシーは鬼門攻略ならず。ジルー、ヴェルナー、ハフェルツ沈黙【分析コラム】

プレミアリーグ第12節、エバートン対チェルシーが現地時間12日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。チェルシーはこれで公式戦無敗記録が「14」でストップ。守備は安定していたが、攻撃陣は沈黙してしまった。では、不調だったエバートンにどのように敗れたのだろうか。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top