レアル・マドリード最新ニュース

カルロ・アンチェロッティ
【写真:Getty Images】



CL優勝回数は歴代単独最多に

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプール対レアル・マドリード戦が現地時間28日に行われ、マドリーが1-0の勝利を収めて優勝を飾った。マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は、歴代単独最多となる4度目の欧州制覇を成し遂げている。



【今シーズンのレアル・マドリードはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】

 4年ぶりのCL決勝進出を果たしたマドリーは、その4年前にも頂点を争ったリバプールと再戦。後半にFWヴィニシウス・ジュニオールが奪った1点により、歴代最多記録を更新する14度目の欧州王者となった。

 アンチェロッティ監督はマドリーが10回目のCL優勝を飾った2013/14シーズンにも監督を務めていた。さらにその前には、ミランの監督としても2003年と2007年に2度のCLタイトルを手に入れている。

 監督として通算4度目のCL優勝は歴代単独最多となる記録。1977年から1981年にかけてリバプールを3度の優勝に導いたボブ・ペイズリー氏と、2016年から2018年にかけてマドリーを前人未到の3連覇に導いたジネディーヌ・ジダン氏を上回った。

 さらにアンチェロッティ監督は、現役時代にもミランで1989年と1990年に2度の欧州タイトルを獲得。個人として6度の優勝は、選手時代に6回優勝したマドリーのレジェンドであるパコ・ヘント氏と並ぶタイ記録となった。

 今季のリーガエスパニョーラ優勝により、アンチェロッティ監督は史上初めて欧州5大リーグの全てで監督として優勝を飾るという偉業も成し遂げていた。記録上は史上最高とも言える実績を打ち立ててきた監督だと言えそうだ。

【了】

新着記事

↑top