フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

久保建英も続く? レアル・マドリードに買い戻された選手6人。見事にカムバックを果たした実力者は?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

久保建英 最新ニュース

レアル・ソシエダで活躍するサッカー日本代表MF久保建英が、今夏に古巣レアル・マドリードに復帰するかは注目ポイントの1つだ。実現するかはさておき、過去に買い戻された選手が多くいたのは事実である。今回は、1度はレアル・マドリードから移籍したものの、ブレイクを果たしてレアル・マドリードに「買い戻された」選手たちを紹介する。(スタッツはデータサイト『transfermarkt』を参照))


DFダニエル・カルバハル(レアル・マドリード/スペイン代表)

ダニエル・カルバハル
【写真:Getty Images】

生年月日:1992年1月11日(32歳)
レアル・マドリード通算成績:413試合12得点64アシスト

今シーズンの久保建英はSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 DFダニエル・カルバハルがプロサッカー選手として初めて立ったピッチは、意外にもサンティアゴ・ベルナベウではない。彼のプロ初出場の舞台は、そこから約1,080キロ離れたベイアリーナだ。

 現在32歳のカルバハルは、2002年にマドリーの下部組織に加入し、その後レアル・マドリード・カスティージャ(リザーブチーム)に昇格。同選手はそこで2年間を過ごし、11/12シーズンにはカステージャのセグンダ・ディビジョンA(スペイン2部)昇格に大きく貢献したが、トップチームでの出番は一度も訪れなかった。このような状況を受けて、新進気鋭の右サイドバックは12/13シーズンに向けてレバークーゼンへの移籍を決意する。

『Sky sports』によると、ドイツへの移籍には500万ユーロ(約7億円)の移籍金が発生したとされており、その契約期間は5年間。レアル・マドリードは「買い戻し条項」を契約に盛り込んでいた。結果的に、この移籍がカルバハルのキャリアにとって大きな転機となる。

 移籍初年度となる12/13シーズン、カルバハルは最初のリーグ戦10試合で4アシストをマークする上々のスタートを切ることに成功。そこから右SBのポジションを守り続け、最終的にリーグ戦32試合に出場して1ゴール8アシストの活躍を残した。獅子奮迅のプレーを見せた同選手は、ブンデスリーガ公式ウェブサイトのユーザーたちの投票により、フィリップ・ラームと内田篤人に次いで、そのシーズンで3番目に優秀な右SBに選ばれている。

 そんな素晴らしいデビューシーズンを過ごしたカルバハルだったが、もちろん最初から全てが上手くいったわけではない。レバークーゼンに初めて来たときには、自分の殻を破ることができていなかったそうだ。『managingmadrid.com』は、練習を共にしたジモン・ロルフェスが「彼はトレーニング中、とても静かだった」という印象を抱いたことを伝えている。

 寡黙だったスペイン人DFが同僚たちと打ち解けることが出来たのは、プレシーズン終了後のパーティーの最中だった。ロルフェスは「あの夜はとても面白かった。本当に驚いたよ。彼はオープンで外向的だった。以前は(カルバハルを)ベンチに座っているような選手だろうと思っていたが、このパーティーの後、ピッチ上でも別の人間になっていた」と、若きスペイン人の変化を振り返っている。カルバハルの成長に、ライン川のほとりで過ごした1年間が大きな影響を与えたことは間違いないだろう。

 ドイツでの活躍を受けて、レアル・マドリードは2013年6月にカルバハルの買い戻しを決断。クラブは「買い戻し条項」を発動させ、650万ユーロ(約9.1億円)をレバークーゼンに支払った。これにより、少年としてスペインを離れたカルバハルは、自信に満ち溢れたサッカー選手としてマドリードに帰還する。

 その後の活躍は、ここで多くを語る必要が無いだろう。今季を合わせて4度のラ・リーガ優勝、5度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝、5度のFIFAクラブ・ワールドカップ優勝など輝かしいタイトルをレアル・マドリードにもたらしている。ロス・ブランコに買い戻された選手の中では、近年で最も成功を収めた選手だ。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top