バルセロナ、コウチーニョで約100億円の損を覚悟? 今夏放出へ価格設定か

2020年04月04日(Sat)9時09分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

フィリッペ・コウチーニョ
【写真:Getty Images】

 バルセロナがMFフィリッペ・コウチーニョの移籍金を設定したという。英『イブニング・スタンダード』によると、獲得時よりも大幅な値引きを受け入れる方針とのことだ。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 コウチーニョは現在、バイエルン・ミュンヘンにレンタルで加入している。しかし、バイエルンは完全移籍で獲得する意向はなく、今季終了後にバルセロナに復帰する予定だ。ただ、バルセロナでも居場所がないため、次の所属クラブを探すことになる可能性が高い。そこで、プレミアリーグ復帰が噂になっている。

 バルセロナは2018年、コウチーニョの獲得に約1億4200万ポンド(約190億円)を投じたと言われている。しかし、今はこの金額で買い手が現れないと考えており、7000~8000万ポンド(約93億~106億円)で交渉するのではないかと記事は伝えた。

 パリ・サンジェルマンのFWネイマールの復帰や、インテルのFWラウタロ・マルティネスといった大物の獲得が噂されるバルセロナ。補強資金を確保するためにも、コウチーニョをある程度の額で売りたいのかもしれない。

【了】

新着記事

↑top