セサル・ヘラベルト
【写真:Getty Images】

 MF香川真司が所属するスペイン2部のレアル・サラゴサが、レアル・マドリードカスティージャ(Bチーム)に所属する19歳のMFセサル・ヘラベルトのレンタル移籍での獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が現地時間5日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2010年からマドリーの下部組織に所属しているヘラベルト。現在マドリーBチームのカスティージャでプレーしている。今季はここまで公式戦13試合に出場1得点を記録している。U-21スペイン代表入りも期待されている19歳の逸材だ。

 マドリーとは2021年で契約が満了となるヘラベルト。フランスのリヨンがマドリーに対して同選手獲得オファーを提示したが、拒否されたようだ。

 そんな中、香川のサラゴサが興味を示していて、1年間のレンタル移籍オファーの提示を検討しているという。だが同メディアはドルトムントやアーセナルなどもヘラベルトの獲得に興味を示していると報じている。

 果たして、ヘラベルトはマジョルカにレンタル中の日本代表MF久保建英やレアル・ソシエダにレンタル中のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーのように他クラブで武者修行を積むことになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top