インテルMF、名手ノイアーの頭上を抜くハーフウェイからのダイレクトボレー【欧州CL】

2020年04月06日(Mon)22時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

デヤン・スタンコビッチ
【写真:Getty Images】

 9年前の2011年4月5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのインテル対シャルケ戦。長友佑都と内田篤人によるCL初の日本人対決としても注目されたこの試合で、インテルのセルビア代表MFデヤン・スタンコビッチが開始直後にとんでもないゴールを決めてみせた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 キックオフからわずか10数秒、自陣内左サイドでボールを奪ったインテルは素早く前線に展開。エステバン・カンビアッソが前線のディエゴ・ミリートに通そうとしたパスはしかし、果敢にエリア外まで飛び出したGKマヌエル・ノイアーのヘディングによりクリアされてしまう。

 センターサークルにまで跳ね返されたボールの落下点にいたスタンコビッチに一切迷いはなかった。弧を描いて落ちてくるボールに合わせた右足をそのまま振り抜くと、ボールは再びシャルケゴールへと向かい、ノイアーやDF陣の頭上を大きく越えてネットに突き刺さった。

 前半1分のスーパーゴールで先制点を奪ったインテルだが、スタンコビッチの負傷交代やクリスティアン・キブの退場などもあり結局ホームで2-5の逆転負け。アウェイでの2ndレグにも敗れて大会を去る結果となった。

1 2

新着記事

↑top