元マンU・FW、名将の約束破りを告白「休暇をくれると言ったのに…」

2020年04月12日(Sun)10時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ディミタール・ベルバトフ アレックス・ファーガソン
【写真:Getty Images】

 かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元ブルガリア代表のディミタール・ベルバトフ氏が、当時の指揮官であるアレックス・ファーガソン氏に約束を破られた過去を明かした。クラブ公式サイトで語っている。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ベルバトフ氏は2008年9月1日にトッテナムからユナイテッドへ移籍した。インターナショナルマッチウィークを挟み、デビュー戦は9月13日のリバプール戦となっている。ただ、同氏によると、この日のデビューは本来あり得なかったようだ。

「期限ぎりぎりだったから、移籍を完了する手続きのときにサー・アレックスも一緒にいて、ちゃんとまとまるかと見守っていたんだ。そのとき彼は『ベルバ、ストレスを感じているのは分かる。ただ、もう少しの辛抱だ。これが終わったら、君に1週間の休みを約束するよ』と言われたんだ」

「そのあと無事にサインをした。そうしたら彼は『よし、準備だ。次はリバプール戦だぞ』と言い出した。私は頭の中で『え、休暇は?』と思ったよ」

 それでも「問題なかった」とベルバトフ氏。「試合が近づくにつれて、興奮は高まり、緊張感も出てきた」と当時を振り返り、結果としてすぐにプレーを始めたことが良かったとも話している。

【了】

新着記事

↑top