ロシア1部のセカンドチーム所属選手が急死。自宅で個人トレーニング中に心不全

2020年04月21日(Tue)7時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ロコモティフ・モスクワ
【写真:Getty Images】

 ロシア1部のロコモティフ・モスクワが20日、セカンドチーム(カザンカ・モスクワ)に所属する22歳のロシア人DFインノケンティ・サモフバロフが急死したと発表。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クラブの発表によると、サモフバロフは自宅で個人トレーニングを行なっていたという。死因については、カザンカのアレクサンダー・グリシ氏がロシアメディア『RIA Novos』のインタビューで「心不全であると医師たちが私たちに言った」と答えている。

 サモフバロフは2015年1月から2017年8月までロコモティフ・モスクワに在籍。2017年8月から2018年7月までロシアのテクスティルシュチック・イヴァノヴォでプレーした後、2018年7月からロコモティフ・モスクワのセカンドチームに当たるカザンカ・モスクワでプレーしていた。

【了】

新着記事

↑top