チチャリート祖父の元メキシコ代表レジェンドが死去。親子3代でW杯出場

2020年04月27日(Mon)17時13分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ハビエル・エルナンデス
【写真:Getty Images】

 メキシコサッカー連盟(FMF)は26日、元同国代表サッカー選手のトマス・バルカサル・ゴンサレス氏が死去したことを公式SNSで明らかにし、追悼の意を表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 メキシコ代表FWとして1954年ワールドカップに出場し、フランス戦で1得点を挙げたバルカサル氏は88歳だった。死因など詳細は明らかにされていない。

 バルカサル氏の義理の息子(娘の夫)であるハビエル・エルナンデス・グティエレス氏はメキシコ代表MFとして1986年ワールドカップに出場。そのエルナンデス氏と同名の息子ハビエル・エルナンデス(愛称:チチャリート)は現在メキシコ代表エースとして活躍し、ワールドカップ3大会などに出場している。

 2010年ワールドカップでは、チチャリートはフランス代表との試合で自身のワールドカップ初ゴールを記録。56年前の祖父と同じ相手からゴールを奪ったことになった。

【了】

新着記事

↑top