フランクフルト所属の元スイス代表MFが今季限りで現役引退「難しい決断だった」

2020年05月15日(Fri)7時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ジェルソン・フェルナンデス
【写真:Getty Images】

 フランクフルトが14日、チームに所属する33歳の元スイス代表MFジェルソン・フェルナンデスが今季限りで現役引退することを発表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 スイス1部のFCシオンの下部組織で育ったフェルナンデスは2004年にトップチームへ昇格。2007年7月にはマンチェスター・シティへ移籍し、同年8月のオランダ戦で代表デビューを飾った。2010年ワールドカップでプレーし、2014年と2018年のワールドカップでもメンバー入りしている。

 サンテティエンヌやスポルティングCP、フライブルクなどの移籍を経て、2017年7月からフランクフルトに在籍していた。2017/18シーズンのドイツ杯(DFBポカール)では3試合に出場し優勝を経験している。

 フランクフルトの公式サイトを通じてフェルナンデスは「難しい決断をしたと思う。僕のキャリアはシーズンの終わりに終了する。それは長い間このビジネスに携わっていただけに、プロのサッカー選手として決断するのは簡単ではない。しかし、今がその時だと思ったんだ」とし、「このクラブを最後にキャリアを終えることができて嬉しい」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top