ドルトムント指揮官、ダービー大勝も「ファンが恋しい」。無観客開催を嘆く

2020年05月17日(Sun)6時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

20200517_bvb2_getty
【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントは現地時間16日、ブンデスリーガ第26節でシャルケと対戦し、4-0で大勝した。しかし、リュシアン・ファーヴル監督は、「ファンが恋しい」と無観客開催の物足りなさを口にしている。『beINスポーツ』でのコメントを複数メディアが伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ドルトムントとシャルケの対戦は「レヴィア・ダービー」と呼ばれる大一番。このビッグマッチでドルトムントは4ゴールを挙げ、守っては無失点と、完璧な勝利を収めている。

 しかし、新型コロナウイルスの影響で観客は不在。普段のダービーとは大きく違う雰囲気だった。

 試合後にファーヴル監督はチームのパフォーマンスを称賛しつつも、「シュートを打っても、最高のパスが出ても、ゴールが決まっても、何も起こらない。本当に奇妙だ。ファンが恋しいね」と語っている。

 シャルケのデイビッド・ワグナー監督も雰囲気が「奇妙だった」と話し、「シーズン後半戦という感じがまだしない。本当に稀な状況だ」と、リーグ戦再開を振り返った。

【了】

新着記事

↑top