マンチェスター・ユナイテッド、背番号10の系譜。ゴールを量産、タイトル獲得に貢献したアタッカーたち

10番はチームの中心選手だけに背負うことが許される特別な番号だ。各クラブの歴史の中で様々な選手が背番号10を背負ってプレーしてきた。今回は、マンチェスター・ユナイテッドで10番をつけた選手を5人紹介する。※年齢は背番号10をつけた時点、リーグ戦成績、監督、獲得タイトルは背番号10をつけた期間でのもの

2020年05月22日(Fri)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

「最高の選手」と評されたFW

0522Hughes_getty
【写真:Getty Images】

マーク・ヒューズ(ウェールズ代表)
生年月日:1963年11月1日(29歳)
期間:93/94~94/95(※固定背番号制となった93/94以降)
リーグ戦成績:70試合出場/20得点

監督:アレックス・ファーガソン
獲得タイトル:プレミアリーグ(93/94)、FAカップ(93/94)

 それまで試合ごとに決められていた背番号は、プレミアリーグ発足2年目の93/94シーズンから固定されることになった。アレックス・ファーガソン監督率いるマンチェスター・ユナイテッドでこのとき10番を背負っていたのはマーク・ヒューズである。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ヒューズは14歳のときにユナイテッドに加入した。1985年にイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間若手最優秀選手に選ばれている。バルセロナとバイエルン・ミュンヘンでは結果を残せなかったが、1988年にユナイテッドに復帰すると、88/89、90/91にはPFAの年間最優秀選手に選出される活躍を見せた。

 プレミアリーグが発足された92/93シーズンはエリック・カントナとのコンビでゴールを量産し、26年ぶりのリーグ優勝に貢献した。ファーガソン監督は「私が出会った中で最高の選手」とヒューズを絶賛している。

 95年にチェルシーに移籍。晩年はサウサンプトン、エバートン、ブラックバーンでプレーし、38歳でユニフォームを脱いでいる。引退後は母国ウェールズ代表の監督を5年間務めた後、イングランドのクラブの監督を歴任している。

【次ページ】00/01シーズンMVP

1 2 3 4 5

新着記事

↑top