キエッリーニ、スアレスの噛みつき事件を振り返る。「彼の悪意に感心する」

2020年05月22日(Fri)20時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ルイス・スアレス
【写真:Getty Images】

 ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスによる噛みつき事件について振り返った。スペイン『アス』が伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』の記事を引用し、現地時間21日に報じた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2014年ブラジルワールドカップのグループD最終節でイタリア代表はウルグアイ代表と対戦。試合はDFディエゴ・ゴディンのゴールでウルグアイが勝利を収め、2位で決勝トーナメント進出。イタリアはグループリーグ敗退となった。

 この試合でスアレスは競り合った際にキエッリーニの肩に噛み付いた。キエッリーニは肩に歯型がついていることをアピールしたが、退場処分はなかった。だが、以前にも試合中に噛みつきを行ったスアレスは大会後に4ヶ月の活動禁止処分を課せられた。

 伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』に対してキエッリーニは「あの日、何もおかしなことは起こっていない。僕は試合のほとんどで対応するのが難しい(エディンソン・)カバーニのマークについていた。そして、突然スアレスが僕の肩に噛み付いたことに気づいたんだ」と振り返った。

 スアレスの噛みつきに関してキエッリーニは理解を示している。「彼と僕は似ている。僕も挑戦に向き合うことが好きだ。彼の悪童には感心するね。もし彼はそれを失ったら、普通のストライカーになってしまう」とコメントしている。

 数々のストライカーと戦ってきたキエッリーニ。ストライカーであるスアレスの気持ちに理解を示している。

【了】

新着記事

↑top