フランスで“闇サッカー”を非公式開催? 数百人の観客が集まったとして問題に

2020年05月25日(Mon)19時05分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

フランス
【写真:Getty Images】

 フランスのストラスブールで、ライバル関係にある2つの地区を代表するチーム同士によるサッカーの試合が非公式に行われ、数百人の観客が集まったとして問題視されている。地元メディア『DNA』や『AFP通信』が伝えた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)は緩和されたフランスだが、依然として外出制限や社会的距離を取ることなどが求められ、公共スペースでの人の集まりは最大10人までしか認められていない。スポーツイベントの開催は禁止が継続され、リーグアンなどの国内サッカーはシーズン打ち切りが決定された。

 だが現地時間24日午後に、ストラスブールの2つの地区のチームが対戦する試合が行われ、300人から400人ほどの観客が観戦した模様。市当局では開催を把握しておらず、「公式なチームなのかどうかも分からない」とコメントが伝えられている。

 試合の開催は2日前にSNSを通して告知されていたという。使用されたスタジアムについては、「誰かが鍵を持っていたようだ」と市のスポーツ担当者は述べている。

「無責任な行動に驚いている。クラスターを発生させるリスクがあることを理解していない」と担当者はコメント。防犯カメラの映像などから参加者の特定を試み、教育関係者やサッカー関係者などが含まれていた場合には厳しい処分を下す姿勢を示している。

 フランスではこれまでに累計14万2000人以上のウイルス感染者と2万8281人の死亡者が報告されている。新規感染者の増加ペースはピーク時より大幅に下がってはいるが、依然として1日200~400人台程度の増加が続いている状況だ。

【了】

新着記事

↑top