久保建英
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードは、来季もMF久保建英にスペインで経験を積ませる方針を固めたのかもしれない。スペイン『デフェンサ・セントラル』が現地時間5日に伝えている。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レアル・マドリードからのレンタルでマジョルカに加わっている久保は、来季のクラブがまだ分からない。レアル・マドリードにとどまるという選択肢のほか、レンタルの可能性もある。イタリアやトルコからの関心も最近噂になった。

 同メディアは、「レアル・マドリードはレギロン、クボ、セバージョスの将来を(ほぼ)決めた」と伝えている。

 久保については、マジョルカでの活躍を好評価しており、レアル・マドリード復帰のほか、レアル・ソシエダかベティスへの移籍という3つの選択肢があるとのこと。最近取り沙汰されたスペイン国外移籍については触れられていない。

 マジョルカは13日のバルセロナ戦でリーグ再開となる。これからシーズン終了までの活躍が、久保の未来を変えるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top