ドイツで新記録。レバークーゼンMFが17歳34日でブンデス初ゴール。バイエルンから得点奪う

2020年06月07日(Sun)7時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

フロリアン・ヴィルツ
【写真:Getty Images】

 ドイツ1部ブンデスリーガで、新たな最年少得点記録が生まれた。記録を塗り替えたのはレバークーゼンのMFフロリアン・ヴィルツ。17歳34日でブンデスリーガ初ゴールを記録している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レバークーゼンはこの日、ホームでバイエルン・ミュンヘンと対戦。U-17ドイツ代表のヴィルツは、後半のスタートからピッチに立つと、3点ビハインドで迎えた89分にゴールを記録した。

 これまでの最年少得点記録は、現在ブレーメンでプレーするMFヌリ・シャヒンがボルシア・ドルトムント時代に達成した17歳82日だった。

 ヴィルツは昨年、ケルンの下部組織からレバークーゼンの下部組織に移った。ブンデスリーガ再開初戦の5月18日にリーグデビューを飾り、レバークーゼンの最年少出場記録を塗り替えると、5試合目の出場でリーグ得点記録を塗り替えている。

 レバークーゼンのこれまでの最年少出場記録者だったMFカイ・ハフェルツは、コンディションの問題でバイエルン戦を欠場していた。ハフェルツは今夏のステップアップが噂されているところだが、ヴィルツも同じように成長していけるだろうか。

【了】

新着記事

↑top