イングランドが生んだ「世界最高」の5人、その能力値は? ジェラード、ランパード、ベッカム、そして…母国が生んだ英雄たち

2020年06月18日(Thu)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

もう一人の世界最高のボックス・トゥ・ボックス

フランク・ランパード
フランク・ランパードの能力値など【写真:Getty Images】

MF:フランク・ランパード(イングランド代表/チェルシー)
生年月日1978年6月20日(当時26歳)
04/05シーズンリーグ戦成績:38試合13得点16アシスト
イングランド代表通算106試合29得点
イングランド代表主な出場大会: UEFA EURO2004、2006年FIFAワールドカップ・ドイツ大会、2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会、2014年FIFAワールドカップ・ブラジル大会

 スティーブン・ジェラードに加えて、もう一人のイングランドが生んだ世界最高のボックス・トゥ・ボックスと言われていたのがフランク・ランパードだ。

 ウェストハムのアカデミーで育ち、01/02シーズンにチェルシーへと移籍すると、驚異的とも言える活躍を披露。02/03から04/05シーズンにかけて3シーズン連続のリーグ戦全試合出場、05/06から09/10シーズンにかけては5シーズン連続の公式戦20得点と異次元とも言えるパフォーマンスを続けた偉大な選手である。

 基本データの対象としたのは、新任のジョゼ・モウリーニョ監督のもとでクラブの50年ぶりリーグ優勝に貢献し、FWA年間最優秀選手に選出された04/05シーズンのもの。

 ランパードがサッカー史に残る選手となった背景には、強靭な「フィジカル」がある。欧州で最も過酷と言われるプレミアリーグで3年連続全試合出場、リーグ記録となる164試合連続出場という金字塔はスタミナと回復力、何より負傷しない体の強さがあってこそ実現したもの。

 さらに、「テクニック」も90を超える高評価。中盤の選手ながら毎年得点ランク上位に位置するなど抜群のシュートセンスを持ち、創造的で「ドリブル」「パス」も秀逸。毎シーズン得点に加えてアシストでも2桁を記録するなどチェルシーの攻撃において最も重要な存在だった。近年、世界トップクラスの選手が集まるチェルシーにおいて、クラブの歴代最多得点記録を維持している。
  
 何よりもそのプレーには知性もあり、広い視野で試合を支配する「IQ」でも88と高い数値に。そして、最愛の母の訃報など困難な状況でも高いパフォーマンスを維持し、多国籍で個性的な選手がそろうチェルシーを長くまとめ上げるなど「メンタル」でも90を超える数値を記録した。

 スポーツ選手を評価する基準に「記録に残る選手」と「記憶に残る選手」というものがある。ランパードはそのどちらも併せ持つ「記録にも記憶にも残る選手」といえるだろう。

【次ページ】世界最高の右足

1 2 3 4 5

新着記事

↑top