JFA
【写真:Getty Images】

 日本サッカー協会(JFA)は19日、「高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2020」の開催を中止することを発表した。JFAの公式サイトで伝えられている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 本大会は新型コロナウイルスの影響で開幕を延期していたが、協議を続けてきた結果、「全国をまたぐ移動による感染リスクを払拭できないことから、選手たちの安全を第一に考えた結果、中止することを決定」したという。

 この決定に伴い、東西リーグの優勝チームが日本一をかけて戦う「高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020ファイナル」及びプレミアリーグ昇格を決める「高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2020プレーオフ」も中止となることが発表されている。

 また、JFAは「中止に伴い、プレミアリーグの20チームが高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020(各9地域開催:88チーム)に加わる2020年度限定の新たな合同リーグの創設準備を各地域において開始しました」と発表。各地域で今季限定の新リーグを開催することになる。

 JFAの副会長で競技会委員長を務める林義規氏は公式サイトで以下の通りコメントしている。

「新型コロナウイルスの第2波、3波、それに伴う移動のリスク等、未だ予断を許さない状況です。ゲーム環境プロジェクト、2種大会部会、プレミアリーグ代表者会議を3月から複数回開催し、検討を重ねてきました。非常に難しい判断ではありましたが、このような形で苦渋の決断をせざるを得ませんでした。リーグ開催可否の判断が遅れると、新たな大会を作るという時間がなくなってしまうと考えたからです」

【了】

新着記事

↑top