日本の2023年女子ワールドカップ招致撤退報道に豪州メディア「大きな後押し」「最大のライバルが…」

2020年06月22日(Mon)17時39分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

FIFA
【写真:Getty Images】

 日本が2023年女子ワールドカップの招致から撤退する見通しであるとの報道に対し、同じく招致に立候補しているオーストラリアのメディアからも注目が集まっている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 国際サッカー連盟(FIFA)は今月25日の理事会で2023年女子ワールドカップの開催地を決定する予定。現時点では日本とコロンビア、および共催を目指すオーストラリアとニュージーランドの3候補が残っている。

『共同通信』は22日に、日本サッカー協会がその招致立候補を取り下げる方針を固めたことが分かったと報じた。オーストラリア『SBS』は、報道内容が事実であれば「オーストラリアとニュージーランドの開催チャンスにとって大きな後押し」だと伝えている。

『シドニー・モーニング・ヘラルド』も同様に、「最大のライバルが撤退したと報じられている」として、オーストラリアとニュージーランドの招致が「大きく勢いづく」としている。だが両国の招致チームは正式な発表が行われるまでコメントを差し控えているとのことだ。

 FIFAは今月10日に2023年女子ワールドカップ招致についての評価報告書を発表しており、オーストラリアとニュージーランドが評価平均点「4.1」で1位、日本が「3.9」で2位、コロンビアが「2.8」で3位とされていた。僅差の評価を得ていた日本が撤退したとすれば、男女を通して初となるオセアニアでのワールドカップ開催実現の可能性は大きく高まることになりそうだ。

【了】

新着記事

↑top