セルヒオ・ラモス
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、同クラブでリーガ450試合出場を達成した。クラブの公式サイトで伝えられている。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 リーガ・エスパニョーラ第33節レアル・マドリード対ヘタフェが現地時間2日に行われた。ラモスのPKでホームのマドリーが1-0の勝利を収めた。

 クラブ公式サイトによると、ヘタフェ戦に先発したラモスはマドリーでリーガ450試合出場を達成。450試合中448試合に先発し、302勝と驚異的な数字を叩き出している。また、通算70得点はDFとしてリーガ史上最多得点記録となっている。

 マドリーでリーガ最多出場を記録しているのは、ラウール・ゴンサレス氏で550試合。2位はマヌエル・サンチス・オンティジュエロ氏で523試合。3位はイケル・カシージャス氏で510試合。4位はサンティジャーナ氏で461試合を記録している。

【了】

新着記事

↑top