久保建英、アトレティコ戦で痛い黒星も残留へ自信。「全て勝利すれば可能性はある」

2020年07月04日(Sat)8時28分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

久保建英
【写真:Getty Images】

 リーガ・エスパニョーラ第34節、アトレティコ・マドリード対マジョルカが現地時間3日に行われた。アウェイのマジョルカが0-3の敗戦を喫した。試合後のインタビューをスペイン『アス』が現地時間3日に伝えている。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マジョルカに所属する日本代表MF久保建英はフル出場を果たした。久保は得意のドリブル突破などで好パフォーマンスを見せたが、チームは0-3の敗戦。連勝とはならず、残留に向け厳しい状況となっている。

 試合後のインタビューに答えた久保は「厳しい敗戦となった。チャンピオンズリーグ出場権を争っているが、彼らよりも勝ち点が必要だった」と欲しかった勝ち点3を奪うことができなかったことに悔しさをにじませた。

 残り4試合で残留圏内の17位セルタとの勝ち点差は「5」。厳しい状況になっているが、久保は残留に自信を示している。「あと5ポイントある。他のチームにもよる。とても重要な4試合だね。もし僕らが全て勝利すれば、(残留の)可能性はある」とコメント。

 また、今季の自身のプレーについて聞かれると久保は「もし結果が出なかったら、それは意味がない。僕はチームを助ける努力をしている。セルタ戦でできたように、上手くいかなくてもまだ時間はある」と話し、まずはマジョルカの残留のために全力を尽くす。

 次節は現地時間9日に行われるホームでのレバンテ戦。マジョルカは残留のためにも、負けられない。

【了】

新着記事

↑top