ジョゼップ・マリア・バルトメウ
【写真:Getty Images】

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、スペインにおいてVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が公平に運用されていないとして不満を訴えた。スペイン『モビスター』でのコメントを複数メディアが伝えている。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現地時間5日に行われたリーガエスパニョーラ第34節の試合では、首位のレアル・マドリードがVAR判定で獲得したPKを決めて1-0の勝利。逆にマドリーがエリア内でのファウルを犯したかに見えた場面ではPKが与えられなかった。

 2位のバルサもその後行われた試合でビジャレアルに4-1の勝利を収め、マドリーとの勝ち点差4を守ったが、FWリオネル・メッシのゴールはVAR判定により取り消された。DFジェラール・ピケはVAR判定を揶揄するようなジェスチャーも見せていた。

「ビルバオでの試合も観たが、まだマドリーが勝った。私からのメッセージは、残念ながらVARは、我々が世界最高のリーグに期待するようなレベルにはないということだ」とバルトメウ会長は判定への不満を表している。

「リーグ再開以来(VARは)フェアではなく、結果に影響している。いつも同じチームが得をしているようだ。VARが同じチームに得をさせた試合が何度もあった」とバルトメウ会長は述べ、マドリーがVARの恩恵を得ていると主張している。

【了】

新着記事

↑top