今季4点目の久保建英、勝ち点3獲得で残留へ望み繋ぐ「この結果は僕たちが求めていたもの」

2020年07月10日(Fri)9時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

久保建英
【写真:Getty Images】

 リーガエスパニョーラ第35節、マジョルカ対レバンテの試合が現地時間9日に行われ、マジョルカは2-0の勝利をおさめた。この試合でマジョルカに所属する19歳の日本代表MF久保建英は1得点決めている。試合後、久保のコメントをマジョルカの公式サイトが伝えた。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 久保は先発出場。試合開始して2分、久保が右サイドから左足でクロスを入れる。クチョ・エルナンデスの頭にピタリと合うが、シュートは枠の上に外れた。29分には久保が自らゴールを狙うが、シュートはゴール枠内に飛んだもののレバンテのGKアイトール・フェルナンデスにセーブされる。

 すると40分、右サイドのポソにボールが入ると、久保はエリア右のスペースに顔を出す。ポソのクロスは久保を越えてファーサイドへ。クチョ・エルナンデスがヘディングで合わせて1-0となった。

 さらに84分、敵陣最前線でボールを持った久保は味方の上がりをうかがいながらボールをキープ。自ら勝負することを選んで縦に運んで右足でシュートを放つ。これは相手GKにセーブされたが、こぼれ球を繋いでサルバ・セビージャがシュート。これも相手GKに弾かれた後、再び久保がこぼれ球を拾って左足で押し込み、マジョルカに追加点が入った。そのままリードを守り切ったマジョルカが2-0の勝利をおさめている。

 久保は試合を振り返り「ゴールを決めることが出来、とても満足しています。結果は僕たちが求めていたものであり、チームにも満足しています。僕たちは思い通りのプレーが出来たと思います。常に信じる気持ちを持ちながら、このような試合を続けていかなければなりません」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top