元カメルーン代表DFステファン・タタウ氏が57歳で死去。JFLでもプレー

2020年08月01日(Sat)7時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ステファン・タタウ
【写真:Getty Images】

 元カメルーン代表DFステファン・タタウ氏が57歳で死去した。英メディア『BBC』などが現地時間7月31日に報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 タタウ氏はカメルーンのトネール・ヤウンデとオリンピック・ムポリエでプレー。1995年にはJFLの鳥栖フューチャーズに加入。同クラブの消滅に伴って設立されたサガン鳥栖への残留はせず。タタウ氏はそのまま引退となった。

 カメルーン代表としてもプレーしたタタウ氏は、1990年のイタリアワールドカップと1994年のアメリカワールドカップに主将として出場。イタリアワールドカップでは、タタウ氏は全試合に出場。アフリカ勢初のベスト8進出に貢献した。

 なお、タタウ氏の詳しい死因などについては明かされていない。

【了】

新着記事

↑top