バーゼル対フランクフルト、予想スタメン&プレビュー。鎌田大地に求められるアーセナル戦の再現【ELラウンド16】

2020年08月06日(Thu)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

マッチプレビュー

0806BaselFrankfurt_getty
【写真:Getty Images】

 昨シーズンのELでベスト4に進出したフランクフルトは、ラウンド16・1stレグでバーゼルをホームに迎えた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、この日のコメルツバンク・アレーナにはこれまで選手たちを後押ししてきたサポーターを入れることができなかった。

【今シーズンのELはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 バーゼルはサムエレ・カンポの直接FKで27分に先制に成功。GKのロングフィードから追加点を奪い、85分にダメ押しの3点目を決めた。

 バーゼルが3点のアドバンテージを得て迎えるホームでの2ndレグは、バーゼルの圧倒的有利と見ていい。今季は国内リーグ最少の38失点をマークしており、ELでもここまで9試合で4失点に抑えている。フランクフルトが大量得点を奪うのは難しいだろう。

 負傷のオムリンに代わってジョルジェ・ニコリッチがバーゼルのゴールマウスを守ることになるだろう。世代別のセルビア代表経験もあるニコリッチは今季、ELで2試合に先発しており、ともにクリーンシート(無失点)での勝利に貢献している。

 リーグ最終戦からは中2日となるが、最終戦では主力のほとんどが先発から外れており、先発したフライやエライ・キュマルトもハーフタイムでベンチに下がっている。リーグ戦の成績ではUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を逃したが、オーストリア代表監督の経験もあるマルセル・コラー監督は、ELに照準を合わせているはずだ。

 少なくとも3得点以上が必要になるフランクフルトでは鎌田大地の活躍に期待が高まる。グループステージのアーセナル戦で後半に2得点を決めて逆転勝利の立役者となり、ザルツブルクとのラウンド32・1stレグではハットトリックの大活躍。リーグ戦では中断前までゴールがなかったが、再開後は2得点3アシストと好調を維持している。大量得点を奪うためには鎌田の爆発が必要になる。

【組み合わせ・対戦表はこちら】

【了】

1 2 3

新着記事

↑top