バルセロナ、走行距離でバイエルンを10km近く下回る。「ボールの無いところで怠けていた」【欧州CL】

2020年08月15日(Sat)7時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

リオネル・メッシ
【写真:Getty Images】

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、バルセロナ対バイエルン・ミュンヘンが現地時間14日に行われた。試合はバルセロナが2-8で大敗を喫した。歴史的敗戦を喫したバルセロナは走行距離でバイエルンを10km近く下回っている。

【今シーズンの欧州CLはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 開始4分にミュラーのゴールで先制されたバルセロナだったが、オウンゴールで1点を返しすぐさま同点に。しかし、その後バルセロナは逆転することはできず、8失点を喫し歴史的大敗となった。

 CLの公式サイトがこの試合のスタッツを公開。バルセロナのポゼッションは46%となっていて、54%のバイエルンが優っているが、そこまで大きく開いてはいない。しかし、走行距離を見てみると、バイエルンが107.6kmなのに対し、バルセロナは98.3km。9.3kmと10km近く差がある。

 マンチェスター・ユナイテッドのデータを中心に取り扱う『UtdArena』のツイッターが『BT Sport』のスタッツを画像で投稿。バルセロナの走行距離が98.28km、バイエルンが107.55kmとCL公式のものとは多少差異はあるものの、9.27kmとこちらも10km近くの差が見られる。

 このスタッツについて『UtdArena』は「今日の試合はテクニカルなクォリティーによるものではない。バルセロナはボールの無いところで怠けていて、自己満足であった。バイエルンはその逆だった」とツイッターに投稿している。

 確かにバイエルンはバルセロナがボールを保持すると相手陣内からも果敢にプレスを仕掛け、ボールを奪うなどバルセロナよりも走っていた印象。それが得点にも繋がっていた。データが示すようにバルセロナは走り負けたところもあるのだろう。

【了】

新着記事

↑top