南野拓実の初ゴールを喜ぶクロップ「彼にとっても我々にとっても大きな一歩」

2020年08月30日(Sun)5時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

南野拓実(左)とユルゲン・クロップ監督(右)
【写真:Getty Images】

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、南野拓実の活躍を称えた。英『デイリー・ミラー』が取り上げている。

【今シーズンの南野拓実はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 南野は現地時間29日、アーセナルと対戦したコミュニティ・シールドに途中出場。リバプール移籍後初ゴールを記録した。

 今年1月にザルツブルクからリバプールに移籍した南野は、1年目で結果を残せなかった。同メディアは「厳しい状況にある」と南野の立場を分析。「しかし、ついにゴールを決めた」と、2シーズン目に好スタートを切ったことを伝えた。

 クロップ監督は試合後、南野について、「とても大きな一歩だ」と、得点を評価。「彼にとっても我々とっても重要な一日になった」と語った。

 さらに指揮官は「彼が我々のために唯一欠けていたのがゴールだった。ゴールは彼にとって論理的なステップだ。彼のために非常にうれしいよ。タキ(南野)は我々にインパクトを与えることができる。だから我々は獲得したんだ」とコメント。「彼にプレッシャーをかけたくはない。その必要はないしね。彼は本当に有益だ」と述べている。

 クロップ監督は南野の長所について「狭いスペースを使うのがうまい。ファーストタッチは抜群で、ライン間での判断が優れている。彼は適応の必要があったんだ」と話し、活躍を確信していた様子だ。

 PK戦の末にコミュニティ・シールドを落としたリバプールだが、リーグ戦開幕に向けて大きな収穫があったかもしれない。

【了】

新着記事

↑top