冨安健洋、パルマ戦フル出場でイタリア各紙高評価。「確実に相手の第一歩を止めていた」

2020年09月29日(Tue)15時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

冨安健洋
【写真:Getty Images】

 セリエA第2節、ボローニャ対パルマが現地時間28日に行われた。ボローニャが4-1の勝利を収めている。ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋はフル出場を果たした。

【今シーズンの冨安健洋はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ミランとの開幕戦で0-2の敗戦を喫したボローニャは、ロベルト・ソリアーノの2ゴールとアンドレアス・スコフ・オルセンのゴールで3点リード。67分にエルナニ・アゼヴェド・ジュニオールのゴールで1点を返されるも、ロドリゴ・パラシオの後半T弾でボローニャは4-1の勝利を収めた。

 イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は冨安に対して「6.3」とチーム3位タイとなる評価をつけた。『カルチョメルカート』は冨安に対して『6.5』の評価をつけ、「前半は良く守り、欠点もなく注意深く試合に臨んでいた」とコメントしている。

『トゥットメルカート・ウェブ』は冨安に対してチーム2位タイの「7」と高評価。「センターバックの選手として、端で相手を止めていた。彼の反応性とディフェンススキルを見ると、(シニシャ・)ミハイロビッチ監督のスカッドの中でユニークな選手だ」としている。

 さらに『メディアセット』は冨安に対してACミランが興味を示していることを伝えた上で「新しい役割であるCBで中心的なパフォーマンスをしていて、確実に相手の第一歩を止めていた」と評価し、チーム2位タイとなる「7」をつけた。

 イタリア各紙から高評価を受けた冨安。10月4日に行われるベネヴェント戦でのプレーにも期待がかかる。

【了】

新着記事

↑top