ミラン期待の新戦力5人。ピルロのようなMFにヴィエリのようなストライカー、そして3代目マルディーニも

ズラタン・イブラヒモビッチ加入により生まれ変わったミランは、長年辿り着いていないチャンピオンズリーグの舞台を目指す。その目標に向け、クラブはサンドロ・トナーリやブラヒム・ディアスを補強。そして下部組織からも将来有望な若手が台頭するなど、期待感の持てるチームが出来上がりつつある。今回はそんなミランに加わった新戦力と、ブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

2020年09月30日(Wed)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

イタリア代表の未来を担うMF

サンドロ・トナーリ
【写真:Getty Images】

MF:サンドロ・トナーリ(イタリア代表/背番号8)
生年月日:2000年3月8日(20歳)
19/20リーグ戦成績:35試合出場/1得点7アシスト(ブレシア)


【今シーズンのACミランはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ブレシアで頭角を現し、わずか19歳でイタリア代表デビューを飾ったサンドロ・トナーリは、今夏の移籍市場における人気銘柄の一人だった。実際、ユベントスやインテルといった国内クラブだけでなく、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンらも獲得に興味を示していたとされている。

 そんなトナーリが新天地に選んだのは、幼い頃からの「ファンだった」というミランだ。背番号は「8番」に決定したが、同番号をつける許可を過去に「8番」として活躍したジェンナーロ・ガットゥーゾ(現ナポリ指揮官)に電話で聞いた、というエピソードは日本でも少し話題となった。

 長い髪をなびかせるその見た目はアンドレア・ピルロそっくりだが、プレーも世界最高のレジスタに似ていると言える。長短問わず正確なパスと傑出した戦術眼を武器に攻撃のリズムを作り出すことが可能で、身長181cmの体躯を活かしたボールキープも抜群に上手い。また、セットプレーのキッカーとしても優秀だ。

 運動量もかなり豊富で、守備のタスクも献身的にこなす。単純なフィジカルコンタクトに強いことはもちろん、危険とみれば身体を投げ出す泥臭いプレーも躊躇することなくやってのける。自身のアイドルが「ガットゥーゾ」というのも頷けるようなプレースタイルの持ち主だ。

 現在、ミランのダブルボランチはイスマエル・ベナセルとフランク・ケシエが務めている。彼らは非常に好調なため、トナーリと言えどいきなりポジションを奪うのは容易ではない。ただ、そこへ割って入っていけるだけの力があることは確か。ミランでの成長を楽しみにしたい。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top