アーセナル、チェルシーのイタリア代表MF狙う? リヨンMFは獲得困難に

2020年10月04日(Sun)18時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

ジョルジーニョ
【写真:Getty Images】

 アーセナルはリヨンのフランス代表MFフセム・アワールの獲得が困難となり、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョに補強のターゲットを切り替えたとみられている。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えた。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アワール獲得への関心が以前から噂され続けてきたアーセナルだが、オファーを出しながらもリヨンの要求額には届かなかった模様。リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長は先日、アーセナルからのオファーを断ったことを明かしていた。アワールにはレアル・マドリードからの関心も報じられている。

 5日に移籍市場が終了する前に補強を完了させたいアーセナルは、ジョルジーニョに狙いを定めたとみられている。だが3日のクリスタル・パレス戦でもPKでの2得点を挙げるなど、チェルシーの主力としてプレーを続けるジョルジーニョを獲得するのは容易ではないとも予想されている。

 アーセナルはアトレティコ・マドリードのガーナ代表MFトーマス・パルティへの関心も以前から噂されるが、5000万ユーロ(約61億7000万円)に設定された契約解除金を支払う意思はないようだ。一方で、アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラはアトレティコへのレンタル決定に近づいていると報じられている。

「残り3日でいくつかの決断を下さなければならない。可能な限り最善な決断をするつもりだ」とミケル・アルテタ監督は3日の会見でコメント。移籍市場の最終盤に選手の獲得や放出の動きがある可能性を認めている。

【フットボール批評がついにアーセナルを大特集! 日本一硬派なサッカー専門誌がすべてのグーナーに贈るバイブルの詳細は↓↓↓をクリック!】

20200826_kanzen_kanzen

『フットボール批評issue29』


定価:本体1500円+税

≪書籍概要≫
なぜ、あえて今アーセナルなのか。
あるアーセナル狂の英国人が「今すぐにでも隣からモウリーニョを呼んで守備を整理しろ」と大真面目に叫ぶほど、クラブは低迷期を迎えているにもかかわらず、である。
そのヒントはそれこそ、今に凝縮されている。
感染症を抑えながら経済を回す。世界は今、そんな無理難題に挑んでいる。
同じくアーセナル、特にアルセーヌ・ベンゲル時代のアーセナルは、一部から「うぶすぎる」と揶揄されながら、内容と結果を執拗に追い求めてきた。
そういった意味ではベンゲルが作り上げたアーセナルと今の世界は大いにリンクする。
ベンゲルが落とし込んだ理想にしどろもどろする今のアーセナルは、大袈裟に言えば社会の鏡のような気がしてならない。
だからこそ今、皮肉でもなんでもなく、ベンゲルの亡霊に苛まれてみるのも悪くない。
そして、アーセナルの未来を託されたミケル・アルテタは、ベンゲルの亡霊より遥かに大きなアーセナル信仰に対峙しなければならない。
ジョゼップ・グアルディオラの薫陶を受けたアーセナルに所縁のあるバスク人は、それこそ世界的信仰を直視するのか、それとも無視するのか。

“新アーセナル様式”の今後を追う。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top