アーセナル新加入の19歳DF、古巣へのレンタルが合意も手続き間に合わず

2020年10月06日(Tue)20時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ウィリアム・サリバ
【写真:Getty Images】

 フランス1部のサンテティエンヌは6日、アーセナルのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバをレンタルで獲得することが合意に達していたが、現地時間5日の移籍ウインドウ終了までに手続きが間に合わなかったとして不満を表わす声明を出した。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現在19歳のサリバはサンテティエンヌの下部組織から2018年にトップチームにデビュー。2019年夏にはアーセナルが同選手との契約を交わした上で、レンタルの形でもう1年サンテティエンヌに残留させることになった。

 今年夏にはアーセナルに合流し、背番号「4」を与えられるなど期待されている様子がうかがえる。だがここまでコミュニティ・シールドとカラバオカップ(リーグ杯)1試合にベンチ入りしたのみで出場はなく、プレミアリーグではベンチ入りもしていない。

 サンテティエンヌは、再びレンタルの形でそのサリバを復帰させようとしていたようだ。だがイングランド側の手続きの問題により、5日までに加入が完了しなかったと明かしている。

「移籍市場終了のかなり前に合意に達し、アーセナルからの1年間レンタルの提示を受け入れていた。だが残念ながらイングランドで全ての手続きが完了しなかった。サンテティエンヌとしても、復帰に意欲的だったサリバ本人としても非常に残念な思いだ」と同クラブは述べている。

 サリバのレンタルをめぐってアーセナルとサンテティエンヌの間に問題が生じたのは今回が初めてではない。サンテティエンヌは新型コロナウイルスの影響で8月に延期された昨季のクープ・ドゥ・フランス(フランス杯)決勝にサリバを出場させるためレンタルの延長を望んでいたが合意に至らず、両クラブが公式声明で意見を衝突させていた。

【フットボール批評がついにアーセナルを大特集! 日本一硬派なサッカー専門誌がすべてのグーナーに贈るバイブルの詳細は↓↓↓をクリック!】

20200826_kanzen_kanzen

『フットボール批評issue29』


定価:本体1500円+税

≪書籍概要≫
なぜ、あえて今アーセナルなのか。
あるアーセナル狂の英国人が「今すぐにでも隣からモウリーニョを呼んで守備を整理しろ」と大真面目に叫ぶほど、クラブは低迷期を迎えているにもかかわらず、である。
そのヒントはそれこそ、今に凝縮されている。
感染症を抑えながら経済を回す。世界は今、そんな無理難題に挑んでいる。
同じくアーセナル、特にアルセーヌ・ベンゲル時代のアーセナルは、一部から「うぶすぎる」と揶揄されながら、内容と結果を執拗に追い求めてきた。
そういった意味ではベンゲルが作り上げたアーセナルと今の世界は大いにリンクする。
ベンゲルが落とし込んだ理想にしどろもどろする今のアーセナルは、大袈裟に言えば社会の鏡のような気がしてならない。
だからこそ今、皮肉でもなんでもなく、ベンゲルの亡霊に苛まれてみるのも悪くない。
そして、アーセナルの未来を託されたミケル・アルテタは、ベンゲルの亡霊より遥かに大きなアーセナル信仰に対峙しなければならない。
ジョゼップ・グアルディオラの薫陶を受けたアーセナルに所縁のあるバスク人は、それこそ世界的信仰を直視するのか、それとも無視するのか。

“新アーセナル様式”の今後を追う。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top