ポルトガル代表メンバーって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? C・ロナウドにJ・フェリックス…他国が羨むスター軍団

2020年10月07日(Wed)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

MF

ダニーロ・ペレイラ
【写真:Getty Images】

ダニーロ・ペレイラ(パリ・サンジェルマン/フランス)
生年月日:1991年9月9日(29歳)
ポルトガル代表成績:39試合出場/2得点2アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 29歳でパリ・サンジェルマン移籍を掴み取った守備的MFである。無尽蔵のスタミナをフル活用して幅広いエリアをパトロールでき、身長188cm・体重82kgという恵まれた体躯を活かした力強い守備で敵を無力化。さらに視野の広さを活かしてゲームメイクも行うなど、一人で多くのタスクを担うことができる。

 ポルトガル代表デビューは23歳で、以降継続して名を連ねてきた。ロシアワールドカップは怪我の影響で不参加となったが、その後はその悔しさを晴らすかの如く躍動し、UEFAネーションズリーグ制覇の原動力ともなっている。今後もチームのために汗を流し続けるだろう。

ウィリアム・カルバーリョ
【写真:Getty Images】

ウィリアム・カルバーリョ(ベティス/スペイン)
生年月日:1992年4月7日(28歳)
ポルトガル代表成績:59試合出場/4得点1アシスト

 かつてマンチェスター・ユナイテッドら多くのクラブから興味を示されたMF。強靭な肉体と驚異的な身体能力を活かして主に守備面で中盤にこの上ない安定感をもたらすことができる。違いを作り出す働きはそれほど多くないが、常に冷静かつ的確なプレーを行えるのは、この男の大きな魅力である。

 ポルトガル代表ではこれまでアンカーを担うことが多かったが、ここ最近はインサイドハーフとしての出場機会が増加。守備面ではもちろんのこと、より攻撃面における期待も膨らんでいる。また、このポジションの控えはルベン・ネベスやジョアン・モウチーニョと、かなり豪華だ。

ブルーノ・フェルナンデス
【写真:Getty Images】

ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
生年月日:1994年9月8日(26歳)
ポルトガル代表成績:21試合出場/2得点4アシスト

 ポルトガル代表ではこれまであまり目立つ選手ではなかった。しかし、スポルティングCPやマンチェスター・ユナイテッドでの活躍ぶりが表す通り、ここ最近の勢いは凄まじく、代表内での存在感は確実に増している。これからもフェルナンド・サントス体制におけるキーマンの一人となるはずだ。

 中央ではもちろんサイドでも輝きを放つことができる攻撃のオールラウンダーであり、卓越したテクニックと非凡なパススキル、そして高いシュート精度を武器に攻めのグレードを格段に引き上げる。トップレベルの選手が多く揃うポルトガル代表においても、この男のオフェンスセンスは貴重と言える。

【次ページ】FW

1 2 3 4 5

新着記事

↑top