クリスティアーノ・ロナウド
【写真:Getty Images】

 ユベントスに所属する選手たちが各国代表チームに合流するためチームホテルを離れたのは新型コロナウイルス感染予防対策に反する行動だとして、現地保健当局が非難している。イタリア『ANSA通信』が伝えた。

【今シーズンのユベントスはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ユベントスでは今月3日に、クラブ内のスタッフメンバー2人から新型コロナウイルス感染の陽性反応が検出されたと発表。陽性となったのは選手でもテクニカルスタッフでもないが、プロトコルに従いチーム全員を隔離する措置を取ると説明されていた。

 4日に予定されていたナポリ戦が相手側のウイルス感染の影響で中止されたあと、ユベントスの選手数人は各国代表チームに合流するため出発した。だが現地トリノの保健機関は、これが違反であるとして然るべき対応を取ると述べている。

「数人の選手たちが隔離場所を離れたことについてクラブ側から連絡してきた。我々としては起こったことについて関連当局に、つまり検察に通知する」と関係者のコメントが伝えられている。

 ユベントスの選手たちは隔離のためホテルに滞在していたが、FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)、MFロドリゴ・ベンタンクール(ウルグアイ代表)、DFダニーロ(ブラジル代表)、MFフアン・クアドラード(コロンビア代表)、FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン代表)はすでに代表合流へ出発。またDFメリフ・デミラルとGKジャンルイジ・ブッフォンは帰宅のためホテルを離れたとされている。

【了】

新着記事

↑top