ロメル・ルカク
【写真:Getty Images】

 インテルは現地時間31日、FWロメル・ルカクを欠いて、セリエAのパルマ戦に臨む。アントニオ・コンテ監督が30日の会見で認めた。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 インテルのエースであるルカクは、27日に行われたシャフタール・ドネツクとのチャンピオンズリーグで左ももを負傷。29日に検査を受けたことがクラブから発表されていた。

 試合前日の会見でコンテ監督は「シャフタール戦でFKを蹴ったときに痛めた」とルカクの負傷を説明。「回復のためにベストを尽くす」と述べている。

 さらにFWアレクシス・サンチェスをコンディション不良で欠くインテルは、前線が厳しい状況。4番手のアンドレア・ピナモンティがパルマ戦で先発起用となる可能性が伝えられているが、コンテ監督はMFイバン・ペリシッチが「FWの特長を持った選手」とコメント。前線での起用を示唆したともとられている。

 シャフタール戦で引き分けてチャンピオンズリーグ未勝利が続いているインテルは、レアル・マドリードとの2連戦が非常に重要になる。その前のリーグ戦でも結果がほしいところだが、どのようなメンバーで試合に臨むだろうか。

【了】

新着記事

↑top