吉田麻也、ダービー奮闘で現地メディアから上々評価。「守備陣の真のリーダー」

2020年11月02日(Mon)14時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

吉田麻也
【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエA第6節のサンプドリア対ジェノア戦が現地時間1日に行われ、1-1の引き分けに終わった。先発でフル出場したサンプドリアの日本代表DF吉田麻也は、イタリア各メディアで及第点以上の評価を受けている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ジェノヴァダービーとなった今節の試合も吉田は4試合連続で先発。前半に1点ずつを奪い合ってのドローとなり、サンプドリアは連勝が3でストップしたが勝ち点1を積み重ねた。

 地元メディア『ジェノヴァ・トゥデイ』では吉田に対して10点満点で採点「6.5」をつけた。両チームの得点を挙げたサンプドリアのMFヤクブ・ヤンクトとジェノアのFWジャンルカ・スカマッカが「7」の最高点となり、吉田はその2人に次ぐ採点を受けた選手の一人となっている。

『カルチョメルカート』でも吉田は採点「6.5」でヤンクトに次ぐチーム2位タイ。「前半終了間際には(ミハ・)ザイツの決定的なシュートを必死のスライディングでCKに弾き出した。守備のミスは一度もなく、彼にマークされた相手はきっちりと抑えられていた」と評している。

『トゥットメルカートウェブ』でも同じく採点「6.5」をつけ、「日本人選手は守備陣の真のリーダーだという印象」と高く評価。クラブ専門メディア『サンプニュース24』でも「6.5」とし、「前半は綺麗にプレー。その後も常に注意深く正確だった」と寸評を添えた。

【了】

新着記事

↑top