入院のマラドーナ氏、検査で血栓見つかる。取り除くために脳外科手術へ

2020年11月04日(Wed)8時52分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ディエゴ・マラドーナ
【写真:Getty Images】

 アルゼンチン1部のヒムナシア・ラ・プラタを率いる60歳のディエゴ・マラドーナ氏が、血栓を取り除くための脳外科手術を行うことになった。3日に伊メディア『フットボールイタリア』がイタリアのラジオ局『ラジオ・キス・キス』の情報をもとに報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現地時間2日に体調不良で病院へ運ばれ、ブエノスアイレス州ラ・プラタの病院に入院することになったマラドーナ氏。同メディアによると、マラドーナ氏の友人であるステファノ・セチ氏が「CTスキャンによって外傷による脳血腫が見つかった。彼は手術を受けるだろう」と語り、状況を説明したという。

 セチ氏は続けて「彼が頭を打ったことに間違いない。それは不眠症のために服用した薬の後に起こったと考えられる。医療関係者からは、特に危険な手術ではないと聞かされている」とし、外傷性によるものだと明かしている。

【了】

新着記事

↑top