絶体絶命の正面衝突…。“EL番長”セビージャが自作自演の大慌て

2020年11月29日(Sun)12時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

20201129_el_getty
【写真:Getty Images】

 UEFAの公式SNSが、“ヨーロッパリーグ番長”の「鉄壁守備(?)」を紹介した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ヨーロッパリーグ(EL)で圧倒的な強さを誇るセビージャだが、常に順風満帆だったわけではない。運に助けられたこともある。

 その一つが、2018/19シーズンのグループステージ、対スタンダール戦の一幕だ。

 敵地で先制を許したセビージャは1点を追う展開。自陣の広大なスペースに大きく弾んだボールは、普通なら難なく処理できるものだった。

 しかし、前に出たGKトマーシュ・ヴァツリークとDFシモン・ケアーは微妙な距離感…。ヴァツリークはボレーでクリアするつもりだったように見えるが、浮き球を見上げながら戻るケアーは守護神を足を止めたように見えたのかもしれない。一度緩めたスピードを再加速。頭でボールを触ると同時にGKと正面衝突した。

 ボールはゴールの方向へ転々。しかしヴァツリークが間一髪で間に合う。このこぼれ球で再びピンチが続くも相手のシュートはクロスバー。地面に叩きつけられたボールはラインを越えず、セビージャは失点せずに済んでいる。

 セビージャはミスから失点をしかけたが、ボールはゴールに入りたがらなかった。“EL番長”の勝負強さに疑いの余地はないが、技術や精神を超えたなにかも味方についているのかもしれない。

1 2

新着記事

↑top