初得点の武藤嘉紀に好印象。エイバル指揮官が今後の活躍にも期待「最終的に8から10ゴールは決めてくれるだろう」

2020年12月01日(Tue)12時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

武藤嘉紀
【写真:Getty Images】

【ベティス 0-2 エイバル リーガエスパニョーラ第11節】

 リーガエスパニョーラ第11節、レアル・ベティス対エイバルの試合が現地時間11月30日に行われ、エイバルが2-0の勝利をおさめている。この試合で移籍後初ゴールを決めたエイバル所属の武藤嘉紀に、同クラブを率いるホセ・ルイス・メンディリバル監督が期待を寄せた。11月30日にスペインメディア『フットボールファンタジー』が報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 乾貴士と共に先発出場を果たした武藤。49分、コーナーキックに武藤が合わせて先制点を決めた。54分には、ペナルティーエリア内でエイバルのロベルト・コレラがベティスのGKホエル・ロブレスに倒されてPKを獲得。このPKをエステバン・ブルゴスが決めてエイバルに追加点が入る。そのままリードを守り切ったエイバルが2-0の勝利をおさめた。

 今夏、ニューカッスルからのレンタルでエイバルに加入した武藤にとっては移籍後初ゴールとなっている。メンディリバル監督は武藤について「朗報だ。彼は私が言っていることをほとんど理解できないため通訳者が必要で、タカ(乾貴士の愛称)や他の誰かが他の言語を使わなければならない。しかし、今日は彼が私の指示を理解していることを示した。ゴールはもちろんのこと、その他の仕事ぶりも見事なものだった」とコメント。続けて「最終的に8から10ゴールは決めてくれるだろう」と語り、今後の活躍に期待を寄せている。

【了】

新着記事

↑top