カリム・ベンゼマ
【写真:Getty Images】

【レアル・マドリード 2-0 ボルシア・メンヒェングラッドバッハ CLグループB第6節】

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループB第6節のレアル・マドリード対ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)戦が現地時間9日に行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利を収めた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 グループBは最終節まで4チーム全てがグループ突破の可能性を残す大混戦。勝ち点7で3位に位置するマドリーは、自力突破を決めるためには最終節に勝たなければならない状況だった。

 窮地に立たされていたマドリーだが、早い時間から試合を優位に進めることに成功。前半9分にはルーカス・バスケスの右サイドからのクロスに頭で合わせたベンゼマのゴールで先制点を奪う。

 さらに前半32分にも右サイドのロドリゴからのクロスにベンゼマが合わせ、再びヘディングで追加点。エースの2点でマドリーが決勝トーナメント進出に王手をかけて前半を折り返した。

 後半にはベンゼマのシュートがクロスバーを叩いてハットトリックを逃すなど追加点は奪えなかったマドリーだが、そのまま2-0で勝利。自力での決勝トーナメント進出を果たした。

 同じグループのもう1試合はインテルとシャフタール・ドネツクが0-0のドロー。この結果マドリーが首位、ボルシアMGが2位通過、シャフタールが3位でヨーロッパリーグに回り、インテルが最下位で敗退に終わる結果となった。

【得点者】
9分 1-0 ベンゼマ(マドリー)
32分 2-0 ベンゼマ(マドリー)

【了】

新着記事

↑top