11位:敏腕SDが見出した昨夏のベストバイ

ジエゴ・カルロス
【写真:Getty Images】

DF:ジエゴ・カルロス(ブラジル代表/セビージャ)
生年月日:1993年3月15日(27歳)
市場価値の増加額:2500万ユーロ(約30億円/100%UP)
市場価値の変動:2500万ユーロ(約30億円)→5000万ユーロ(約60億円)
今季リーグ戦成績:12試合出場/0得点0アシスト

 フランスリーグに埋もれていたのが信じられないほどの素材だった。セビージャの敏腕スポーツディレクター、モンチの目利きに狂いはない。いまやクラブ最高額の選手となり、わずか1年足らずでラ・リーガ全体でも18番目、世界全体に広げても73番目に市場価値の高い選手へと飛躍した。

 セビージャに入団したばかりの頃、2019年7月当時の市場価値は1300万ユーロ(約16億円)、購入額は1500万ユーロ(約18億円)だったのだ。異次元の力強さと、驚異的なスピード、水準以上のテクニックと隙のない能力を備えるセンターバックで、市場価値をはるかに超える額での高額転売も望める。2020年11月に初招集を受けたブラジル代表では未だデビューを果たせていないが、近い将来チアゴ・シウバやマルキーニョスから定位置を奪ってもおかしくない。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top