28位:バルサのディフェンスを束ねる絶対的守護神

マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン
【写真:Getty Images】

GK:マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ代表/バルセロナ)
生年月日:1992年4月30日(28歳)
市場価値:7200万ユーロ(約86億円)
今季リーグ戦成績:11試合出場/11失点

 シーズンオフにひざの手術を受けた影響で今季序盤戦は欠場を強いられた。しかし、昨年11月に復帰してからは負傷明けということを感じさせないパフォーマンスで絶対的守護神に君臨している。

 バルセロナはテア・シュテーゲンが欠場していたリーグ戦6試合で2敗を喫したが、復帰後の11試合は7勝2分2敗と勝率も上がり、安定感を取り戻しつつある。やはり同僚の他のGKと比較してもセービングの安定感やビルドアップの貢献度で群を抜いているのは29歳のドイツ代表守護神なのである。

 ジェラール・ピケが負傷により今季中の復帰にすら見通しが立っていないなか、下部組織上がりで経験の浅いロナルド・アラウホやオスカル・ミンゲサといった若手センターバックたちを統率して導かなくてはならない。今季のテア・シュテーゲンにかかる重圧と期待は例年以上に大きい。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top